4つのVISION

TOP >  政治にかける想いと4つのVISION

子どもたちの未来をあたためる。

国政にお送りいただいてから6年が過ぎようとしています。皆様の思いをひとつでも多く国政に届けたい、その思いで懸命に走りぬいてきました。日本の政治は与党の数の力による安保関連法案の強行採決など、まさに民主主義・立憲主義が崩れようとしています。日本の社会は、少子高齢化が増大し、国や地方の借金は膨れ上がるばかりです。生活の格差も広がり、大人社会の格差が子どもたちへの希望にまで格差をもたらしています。
私たち大人が今考えるべきことは、次世代を担う子どもたちや若者に「夢や希望をもつことのできる未来を創り出す」ことです。斉藤よしたかは、「子どもたちの未来をあたためる」政治の実現に挑戦します!

斉藤よしたか 4つのVISION

  • 教育・子育て・平和

    子どもたちの未来をあたためる

  • 労働・格差是正

    生きがいをもって働ける社会形成

  • 医療・介護・スポーツ

    永く健康に生きる環境を整える

  • モノづくり・中小企業振興

    センター・オブ・ジャパン
    〜愛知を伸ばす〜

01

教育・子育て・平和子どもたちの未来をあたためる

子どもたちは未来そのものです。子どもたちは未来からの留学生です。子どもたちの生きる未来を豊かで平和で温かなものにすることは、今を生きる私たちの責務です。少子化がすすんでいます。子どもを産み育てやすい環境整備は最大の課題です。

  • ◆ 奨学金の充実、私学助成の拡充、幼児教育や大学教育の無償化促進など、各家庭の教育費負担を少なくします。
  • ◆ 子どもたちの未来を戦争にまきこまない。憲法の理念に基づき平和な世界を追求します。
  • ◆ 交通安全対策や防犯対策をすすめ、かけがえのない子どもたちの命を守ります。
  • ◆ 少人数学級や特別支援教育の充実をはかり、一人一人の子どもたちに目のゆきとどく教育を実現します。
  • ◆ 保育サービスを拡充し、安心して子どもを預けることのできる環境を整えます。

02

労働・格差是正生きがいをもって働ける社会形成を

働くことは生活のためだけでなく、人生そのものです。働く場をつくり、働く環境を整え、働きに見合った収入を得ることができるようにする。働くことを軸とする安心社会をめざします。

  • ◆ 働く人たちを守るための法律が次々と改悪されようとしています。法の堅持、雇用の安定や処遇の改善をすすめます。
  • ◆ ブラック企業、ブラックバイトなどをなくし、働く人たちを守ります。
  • ◆ 仕事と家庭を両立するワークライフバランス社会の実現にむけた政策をすすめます。
  • ◆格差是正と経済成長のための税制改正に、真正面から取り組みます。

03

医療・介護・スポーツ永く健康に生きる環境を整える

平均寿命が大きく伸びた今、できるだけ永く健康で過ごすことは人々の最大の願いです。また高齢者の貧困率が高まる中、老後の生活基盤を確かなものにしていくことも大切です。医療・介護の充実やスポーツ等を通じた健康づくりをすすめます。

  • ◆ スポーツによる健康づくりなど予防医学を推進し、健康増大と医療費削減を目指します。
  • ◆ 介護が必要となっても住み慣れた地域で暮らせるように、地域でみまもる体制づくりに取り組みます。介護従事者等の処遇を改善するため、報酬の引き上げを図ります。
  • ◆ 障がいをもった方もそうでない方も、ともに学び、働き、生きるインクルーシブ社会を希求します。
  • ◆ 後発医薬品などの活用をはかるとともに、新薬・新医療機器の承認を早くすることにより効率的で安全な医療の確立に努めます。

04

モノづくり・中小企業振興センター・オブ・ジャパン 愛知を伸ばす

まさに日本のど真ん中、愛知県。日本のモノづくりの拠点であり、日本の産業を支える中心です。愛知のモノづくり産業をさらに発展させるためにあらゆる方策を講じます。

  • ◆ 産業や雇用の基盤を支えている中小零細企業の支援策を強化します。
  • ◆ 企業が研究開発などに資金を向けやすい制度を導入し、基幹産業である自動車産業や次世代産業の代表である航空宇宙産業の育成・振興をはかります。
  • ◆ 産業界と大学などの連携を強化し、新技術や新産業の開発を支援します。
  • ◆ 地方振興の視点や自動車ユーザーの立場に立ち、不合理な自動車関係諸税の是正に取り組みます。